速くて便利な即日審査キャッシング

キャッシングは、一般的に個人向けの小口融資のことを指します。

住宅ローンのような目的型と違って、借りてに応じて用途が自由な側面があります。
反面、キャッシングの金利は高い傾向にあり、消費者は計画的にサービスの内容を理解する必要があります。

審査には、借り手側の信用が大きく関わるため、18歳以上の定職を有する者を原則にしています。
定職には、正社員に加えアルバイトやパートタイマーなども含まれるため、比較的幅の広い融資の手段だと言えます。

近年のキャッシングは、即日審査や即日融資が消費者のニーズに沿ったものと判断されています。

即日審査は字のごとく、申し込んだその日の内に借り入れの審査が済まされる状態のことを言います。
ただ、即日審査のキャッシングは従来のものと違って、借り入れ額に一定の制限があることや、申し込みに時間制限を設けているなどの相違点が見られます。

ただ、この場合の金額制限は、あくまで即日融資のキャッシングの場合ですので、対応可能な金額は概ね各金融会社が収入証明書の提出が必要としない金額となっており、即日融資まで考えていないという場合は、特に気にしにする必要はありませんが、プロミスやアコムといった消費者金融であれば、50万円以上、三菱東京UFJ銀行カードローンやオリックス銀行カードローンといった銀行カードローンであれば、100万円以上となっています。
また、時間制限についても、即日融資に必要な銀行振込が利用出来る時間までという認識ですので、審査だけなら即日OKという場合もあります。

審査の観点から、銀行系よりも消費者金融系の方が対応が早いものとされています。

また、キャッシングの審査に通過するかの要素と言えば、定職の条件に加えて現在の借り入れ状態なども考慮されます。

具体的にいえば、年収の3分の1以上を借りていること(総量規制)や、複数のキャッシング業者から借金を抱えているなどの要素が、即日審査に大きく影響を及ぼすものとなります。

スピード審査のキャッシングは、審査や契約がシンプルで所要時間も短いのですが、決して極端に審査が緩いと言うわけではありません。

金利については、銀行系よりも消費者金融系の方が、概ね高めに設定されていますが、初回借入の場合は、30日間無利息になるなどのメリットを打ち出している場合も有り、単純な比較がしづらい場合があります。

概ね1年以内に完済する予定の比較的短期での借入であれば「消費者金融系」を、1年を超えて中長期で返済していく、高額融資を希望される場合などは、銀行系を選ぶというのが、目安になります。

現在、大手キャッシング3社(プロミス・アコム・アイフル)が、初回30日間無利息となっていますが、微妙に条件が違うので、注意が必要です。

  • プロミス:初回借入の翌日から30日間・メールアドレス登録、WEB明細利用登録が必要
  • アコム:契約日の翌日から30日間
  • アイフル:契約日の翌日から30日間

契約完了後、即日融資をご希望の場合は、殆ど差がありませんが、プロミスの30日間無利息が初回借入日が起点になるのに対し、アイフル、アコムについては、契約が完了した時点でカウントがスタートしてしまうので、ご注意下さい。

 

コメントは受け付けていません。.